FANDOM


集合

µ'sメンバーの9人

µ'sミューズは、『ラブライブ!』に登場する主人公のスクールアイドルグループ。音ノ木坂学院が廃校される恐れがあることがきっかけとなり、それを阻止するために、高坂穂乃果たち9人のメンバーが集まり、活動を始める。グループ名の「ミューズ」は、古代ギリシアの、9人の音楽の女神にちなんだ名前。

結成 編集

発足 編集

廃校のお知らせ

廃校のお知らせ

高坂穂乃果南ことり園田海未の3人は、音ノ木坂学院の学生たちと一緒に、学長から廃校の知らせを聞く。3人とも学校が好きで、何かしたいと思ったが、なかなか名案が思いつかない。家に帰った穂乃果はが人気校のUTX学園を受けるつもりだということを聞き、翌朝、UTX学園に偵察に行く。そこで、外の画面に映ったA-RISEを見て衝撃を受け、アイドルを結成しようと考えた。

穂乃花は、ことり、海未の2人に、アイドルをはじめようという話をするが、海未に断られてしまう。しかし、弓道部の練習に戻った海未は、自分がアイドルになった時のイメージが浮かんできてしまって練習に集中できなくなる。その後、ことりが海未を訪ね、一所懸命ダンス練習をしている穂乃果を見に行く。2人も穂乃果とアイドルになることに決める。

アイドル部 編集

最初のライブ

ライブの日が来たが・・・

学校の歓迎会後、講堂を使う許可をもらったが、穂乃果たちにはまだグループ名も練習する場所もなく、ライブをする準備もできていない。グループ名は、良いアイディアが思いつかないため、掲示板に意見箱を置くことにする。練習場所は、グラウンドなどが他の部活動などで満員で空き教室も使えないため、屋上にすることになる。しかし、練習し始めようとして、穂乃果たちは歌う曲が無いことを気づく。そこで、穂乃果は歌が上手な1年生の西木野真姫に作曲を依頼するが、断られ、とりあえず海未が書いた歌詞を読んでみてほしいと頼む。メンバーは、提案箱に1枚の提案を見つけ、グループ名をそこに書いてある「µ's」に決める。さらに、真姫が作曲したCDが、穂乃果の家穂むらに届いた。

いよいよ初ライブの日、µ'sの三人はがんばって準備をしたが、講堂には1人も集まっていなかった。しかし、小泉花陽が講堂に来たためライブを始め、ライブの途中で星空凛も聴きに来る。その後、穂乃果たちは小泉花陽を勧誘するが逃げられてしまう。クラスメートの凛と真姫は、アイドルになる夢を持っている花陽に、アイドルになることを勧め、3人で屋上に行って花陽をµ'sに入らせる。穂乃果たちがほかの2人も誘い、µ'sは6人メンバーになった。

アイドル研究部のにこ

にこに断われる

とうとうメンバーが5人以上になり、「アイドル部」を作ることができる人数になったが、生徒会会長絢瀬絵里にそれを要請すると、同じことについての部を作ってはいけないと言われる。学校には「アイドル研究部」という部がもうあると聞き、部長の矢澤にこ一人しかいないアイドル研究部に行くが、「本当のアイドルを汚している」とにこに断わられた。しかし、穂乃果がアイドルのことを教えてほしいからµ'sに入ってと誘ったら、にこはその気になった。

女神9人 編集

絵里のバレエ

絵里はバレエコンクールに出ていた

ラブライブのアイドル大会が開催されることになったと聞いて、理事長に「誰も期末テストで赤点をとらなかったなら参加して良い」という許可をもらった。しかし、絢瀬絵里は反対で、放課後、アイドルはどれも素人にしか見えないと園田海未に言った。海未が生徒会副会長東條希に相談すると、絵里が子供の頃にバレエをやって踊りが上手だということを知った。

絵里に手を出す

穂乃果が手を出して誘う

皆が期末テストに合格してオープンキャンパスでライブするために一所懸命練習しているが、海未はまだまだだと思っている。穂乃果たちは絵里にダンスを教えてくれるように頼みに行くが、無理だと言われる。しかし、絵里は穂乃果たちが諦めないことを見て、自分が何のために苦労しているか、自分が何をやりたいか、悩む。その悩みを知った穂乃果たちは、絵里がいる教室に行き、絵里に手を差し伸べてµ'sに誘う。その時、絵里も希もµ'sに入り、ギリシア神話の女神、ミューズのように9人になる。

メンバー 編集

ディスコグラフィ 編集

アルバム『僕らのLIVE 君とのLIFE』

アルバム『Snow halation』

ユニット編集

関連記事 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki