FANDOM


Lovelive schfes00001

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルは、Klab株式会社が開発し、株式会社ブシモが運営するソーシャルゲーム(公式ジャンル名はリズムアクション&アドベンチャーゲーム)である。通称は「スクフェス」。2016年1月にアーケード版がリリースされる予定が発表された。

基本情報 編集

配信日 2013年4月15日 (iOS版)

2013年6月6日 (Android版)

ジャンル リズムアクション&アドベンチャー
開発 / 運営 KLab / ブシモ
対応機種 iOS6.0以上 / Android4.0以上

詳細は動作端末を参照

価格 無料 (アイテム課金制)
公式サイト http://lovelive.bushimo.jp/
公式twitter http://twitter.com/lovelive_SIF/
アニメ公式サイト http://www.lovelive-anime.jp/
アニメ公式twitter http://twitter.com/LoveLive_staff/

ゲーム概要 編集

ゲームのメインはμ'sの楽曲を使ったリズムアクション(いわゆる音ゲー)であるが、時間回復するLP、カード収集、キャラクター達によるショートストーリー、フレンド機能、ゲーム内イベントなどソーシャルゲームの要素を大きく取り入れている。他のソシャゲのご多聞に漏れず、アイテム課金によりゲーム内の立ち回りが有利になる場面が多い。ゲーム内通貨はラブカストーンと呼ばれる。

音ゲーをプレイする際に選ぶユニットによって、同じ楽曲、同じ難易度でも得られるスコアやプレイ難易度が大きく変わってくる。また、ユニットを組むために必要なカード毎にキャラクターの衣装や入手難易度(レア度)、性能などが異なっており、カードを揃える部分にコレクター要素が大きく加わっている。なお音ゲーとしての難易度は、純粋な音ゲーと比べて普通もしくは少々易しめと言われている。

プレイヤーはゲーム内では「あなた」と呼ばれ、μ'sのメンバーをサポートする役割としてμ'sに関わる、という設定である。「あなた」はμ'sだけでなく、その他の一般メンバー(いわゆるモブキャラ)も管理している。これらのゲーム内設定、人間関係はストーリーを見ることである程度把握できる。

リズムアクション 編集

スクフェスのメインゲーム部分を構成するのが、ラブライブ!の楽曲を使った音ゲーである.ラブライブ!School idol projectの中でリリースされた楽曲のほぼ全てがプレイ可能であり、今後も増加する予定。また、μ'sの楽曲だけでなく、A-RISEの曲やAqoursの曲もプレイ可能であり、本ゲーム専用書き下ろしの楽曲も幾つか存在する。1曲あたりのプレイ時間は1:30~2:30程度。

スクフェスプレイ画面

ゲーム画面

プレイ画面 編集

プレイ画面には9個のボタンがあり、画面中央上側の音符アイコン付近から発生するリズムアイコン(輪)がボタンに重なった瞬間にタイミング良くボタンをタップすることでcomboを繋げるのが本ゲームの目的である。タイミングはperfect, great, good, bad, missの5種類で評価され、perfect, greatの時のみcomboが継続し、perfectの方がよりスコアが高くなる。コンボが継続するに従って1comboあたりの獲得スコアが上昇する。goodだとコンボが途切れ。bad, missでは更にダメージを食らい体力ゲージが減少する。体力ゲージが0になった瞬間にゲームが中断される(失敗)。失敗せずに最後までプレイできるとクリアとなる。ただし失敗時にラブカストーンを1個消費することで、体力ゲージ最大で中断部分から再開できる。

カード 編集

カードの一覧については、スクールアイドルフェスティバル/カード一覧 をご覧ください。

収録曲編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki