FANDOM


Lovelive us hanayo00014.jpg

白いごはんは、小泉花陽の大好物。

概要 編集

引っ込み思案な花陽が最も情熱を注ぐものの一つが白いごはんである。ただし白米原理主義者というわけではなく、あくまで「食事一般が好きで、特に白いごはんが好き」という程度。最も好きな付け合わせは甘さ控えめの昆布の佃煮。

花陽とごはんのエピソード 編集

アニメ2期以降は大食いキャラ、白米へのこだわりが更に強調されている。

  • 学校の部室でごはんを炊いている。
  • 真姫の別荘(海辺)でカレーライスを盛り付ける時、一人だけごはんがカレー皿とは別に茶碗に山盛りになっていた。(アニメ1期)
  • 朝食のおかわりと昼食分のおにぎり弁当だけでは足りず、μ'sメンバーで花陽のためにお菓子の買い出しに出かける事態に発展。最終的に弁当を2個持っていくことで解決した。(SID)
  • 水着コンテストの優勝商品が高機能炊飯器だと知って最も喜び、炊飯器を自分で運ぶと言って手放さなかった。(SID)
  • 明らかに顔より大きいサイズのおにぎりをおやつ(?)として平然と食べていた。(アニメ2期)
  • 穂乃果にそそのかされたとはいえ、ダイエット中にもかかわらず黄金米の誘惑に負けて外食してしまった。(アニメ2期)
  • 海外でパン食生活が続いたせいでついに白いごはんの欠乏を訴えるに至り*、怪しい和食店に立ち寄ってもらった。(劇場版)
  • 「今日はサンドイッチが食べたい気分」と言ったらに体調不良を心配された。(スクフェス)

注*: 直後に「あ、このパンおいしい」と発言するので、パン食が嫌いなわけではない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki